伊勢屋の紹介 桜の杜 伊勢屋
  桜の杜 伊勢屋は 初代の頃から
 80年を超えて皆様に親しまれ愛されてき
 ました。創業時の想いを一徹に守り、新
 しい時代にこれを伝えようと、今日も商
 いに精魂を打ち込でおります。(伊勢屋)
  
   ここ数年は「世田谷みやげ」などにも数
 々のお菓子が選ばれるなど 伊勢屋の成長
 が望ましい。桜新町にある事から、桜のお
 菓子が多い。特に季節限定の桜あんだんご 
 は、桜の時期だけに 販売の数時間後には
 売り切れになる程の人気で 一年間待ちわ
 びる人も居る位だ。販売期間は、3月末か
                   ら桜新町の八重桜が散る頃まで。
                   他にも昔からの伊勢屋の伝統方式で





 
 作り上げてる、芋ようかんなどがあり  これもとても人気の商品だ、芋は美味  しい時期に採れる2種類の芋だけを、  2代目の店主が吟味し使われる。なの  で少しでも味が落ちてしまうと、芋よ  うかんの時期も終わりとなる。かなり  のこだわりだ。こちらも 地方からの  予約がある位、人気の商品になってい  る。一度は食べてみては…噂では、アイ  スクリームを乗せるとまた美味しいと  桜新町の歴史も少し、新町は、191  2年(明治45年)から1913年(大  正2年)にかけて、関東初の高級別  荘用地である「新町分譲地」が造  成された。開発地の通りにソメイ ヨシノの並木が設けられた。そして  1968年(昭和43年)の住居表示  実施の際、現在の桜新町の町域を  新町から分離し、旧町名「新町」  に「桜」を冠して桜新町となった  らしい。